不二家東北のホームページ。美味しい不二家の商品紹介や不二家のお店紹介をお届け致します。

不二家東北
HOME > 不二家東北の取組

工場の取り組み

 不二家東北の工場では、現在社員及び、パートナー社員のスタッフが毎日たくさんのケーキを作り、東北4県の不二家洋菓子店に届けています。

 当工場で最重要課題としているのが、衛生管理です。おいしさの提供と同時に、安心できる安全なケーキをお届することにスタッフ全員で取り組んでいます。

手洗いは衛生管理の基本

 まず、工場に入室する前に粘着ローラーで着衣のゴミ等を除去し、徹底した手洗いに重点を置いています。洗剤をつけて1分間、手の平や指の腹・間までしっかりと洗います。衛生管理において一番の基本であり、重要なのが手洗いです。手洗いの順序をポスターにして掲示することで、スタッフの意識向上に努めています。

 次に手をアルコール消毒し、手袋を装着します。続いて工場入口前に設置されたエアシャワーで、取りきれなかった細かいゴミを完全に除去します。工場に入室する前に必ず行われているのが、健康状態の問診です。インフルエンザなどの細菌が入らないよう、体調不良のスタッフは工場に入ることができません。ここまでの作業を毎日繰り返し、工場の中に細菌が入らないよう徹底管理されています。

徹底した殺菌・除菌で安全なケーキを作る

 工場の中には、アルコール消毒液のボトルがセクションごとに置かれています。一か月に使用するアルコール消毒液は15リットル。作業の開始前と合間に必ず消毒液を使用しています。

 ケーキ作りに使用する器具は、洗浄・消毒の後、使用する時まで殺菌庫で保管し、いつも清潔な状態で使用できるようになっています。

 スタッフによって作られたケーキは、まず製品検査室に運ばれて、分解、あるいは混合し成分を培養して細菌等が発生していないかを検査します。検査に合格したケーキは、温度管理された配送車で店頭まで運ばれます。配送車は、その日の天気や気温に合わせて荷台の温度管理をし、配送担当者は時間ごとに温度をチェックし記録しています。

衛生管理が実行される仕組み

 不二家東北工場では、衛生管理のための食品衛生マニュアルがあります。マニュアルにのっとり業務を進めることで、スタッフ全員が同じ価値観で取り組むことができます。そして、それを実行するために、多くのチェックリスト表が存在します。手洗いから製造・出荷に至るまで、いつ・誰が、どんな材料を使い作業をしたのかを、事細かにチェック表に記入していきます。このチェック表はその業務に携わった全スタッフが目を通し、押印します。

 チェック表の目的は、記入することで、安全を証明することにあります。いくら衛生管理に力を入れて取り組んでいても、実際の製造の証明がなければ、お客様の信頼を得ることはできません。また、お客様からの問い合わせにも、細かなチェックと記入をしているので、すぐに対応することができます。

 当工場で使用している原材料は、開封後の使用期限を製造品質管理書で規定しています。開封後いつまでに使用できるかをひとつひとつ規定し、製品と同じように原料の管理もしています。

不二家東北工場より

 工場ではお客様に直接お会いする機会は少ないですが、常にお客様の事を考え、最良の製品をお届けできるよう努めています。

 工場として一番大切にしているのは、スタッフ同士の信頼関係を築いていくことです。企業の要である製造の場では、毎日たくさんの製品を製造していますが、個人の小さなミスが大きな事故につながってしまうことがあります。些細な失敗でも正直に話してもらえる雰囲気にし、大きな事故を未然に防げる職場環境にしたいといつも心がけています。

 徹底した衛生管理のマニュアルも、大勢のスタッフのたった一人が手を抜いただけですべてが水の泡になってしまいます。そうならないためにも、普段から高い意識を全員が持つことが重要です。全員が衛生管理について徹底するのが当たり前という雰囲気になっていれば、ひとりだけ意識が欠けることはありません。不二家山形工場では、お客様に安全なケーキをお届けし、安心しておいしく食べて頂きたいと思っています。

不二家東北 生産部部長
小野純夫

Copyright(C)FUJIYA CO/FUJIYA-TOUHOKU.,LTD.All Rights Reserved 
このホームページに記載のイラスト・写真・文章の無断転載を禁じます。  全ての著作権は(株)不二家及び(株)不二家東北に帰属します。